ママの味方|ストレスを軽減できる授乳服が便利

赤ちゃん

紫外線から肌を守る

レディーと赤子

肌に優しい成分

赤ちゃん用の日焼け止めは、肌への刺激や負担が少なく、肌に優しいものが一般的です。肌への刺激になる紫外線吸収剤や、合成界面活性剤などが、含まれていない日焼け止めが安全です。そのほかにも、合成ポリマーや防腐剤などの、化学合成物質が入っていない日焼け止めが、赤ちゃん用として販売されています。もし赤ちゃんがなめても安全な、天然由来成分やオーガニック成分で出来ており、安心感のある日焼け止めだという特徴があります。また、肌に優しいエッセンシャルオイルや、アロマオイルなど、肌を保護して潤いを与える成分や、虫よけ成分などが入っている商品もあります。クレンジング剤を使わずに石鹸で洗い落とせるのも、赤ちゃん用日焼け止めの利点です。

成分を確認する

赤ちゃん用の日焼け止めを選ぶときは、しっかりと成分を確認するようにしましょう。化学合成物質の入っていない、天然由来成分でできた日焼け止めを選ぶと、安心して使用することができます。SPFやPAといった、紫外線を防御する効果の値が高いものは、肌への刺激も強いため、赤ちゃんが使う場合には、数値の低いものを選ぶように気を付けます。日焼け止めを利用する場合は、まず腕などの目立たないところに塗って、肌が赤くなったりしないか確認してから、使用するように注意すると安心です。赤ちゃんは皮膚が薄く、紫外線の影響を受けやすいので、赤ちゃんにあった日焼け止めを選んで、しっかりと紫外線対策をすることが大切です。長時間の外出の際には塗りなおしてあげる必要があります。