ママの味方|ストレスを軽減できる授乳服が便利

baby

ベビー用の飲み物入れ

水筒

赤ちゃんを育てていると哺乳瓶を卒業して、水筒を使い始めるタイミングが必ずやってきます。赤ちゃんのために水筒を購入するならば、飲みやすさが考えられているベビー用の製品を選ぶようにしましょう。なお、保温・保冷機能が付いている製品を選ぶと利便性がかなり高いのでオススメです。

もっと読む

手間がかからず安心

水

赤ちゃんのミルクは水道水よりもミネラルウォーターが好ましく、温水や冷水が出るウォターサーバーが人気です。また特に、赤ちゃんのミルクを作るのに適した水質のウォーターサーバーを使った業者が、人気を集めてます。

もっと読む

ストレスのない授乳

乳児とウーマン

露出せず授乳できます

授乳服は必ず買わなければいけないというものではありません。しかし1枚あるととても便利です。授乳服は授乳口のついた洋服です。ぱっと見ただけでは授乳口がどこにあるのかわかりません。また、めくっておなかや胸を露出する必要がないため体を冷やしてしまうこともありません。普通の洋服ですと、授乳のために裾をめくり、裾をあごで抑えるという不自然な体勢になり、肩こりの腰痛の原因にもなります。授乳服なら洋服を着たまま、自然な体勢での授乳が可能です。授乳服は、赤ちゃんがおっぱいを飲んでいる間だけしか着られないと思われがちですが、最近ではお洒落な授乳服も増えてきました。ワンピースのもの、重ね着風に見えるもの、着やせ効果のあるものなど、様々なブランドがお洒落な授乳服を制作しております。

授乳のさせやすさが大切

授乳服は授乳のさせやすさが一番大切です。おっぱいの形は人それぞれです。また、赤ちゃんへの飲ませ方も人それぞれです。どんなに気に入ったデザインの授乳服や、人気の高い授乳服でも、自分に合っているとは限りません。洋服によって、授乳口のついている場所、大きさなど様々です。そのため、購入する前に一度試着してみることをおすすめします。また赤ちゃんが大切な食事をするための洋服でもありますので、赤ちゃんが喜ぶような素材の服も良いでしょう。赤ちゃんのよだれや、垂れてしまった母乳で汚れることもあるので洗濯しやすいことも重要です。近年、授乳期間はできるだけ長い方が良いと言われております。また人によっては、2〜3歳になるまで授乳するという人もいます。一度、授乳服を試してみてはいかがでしょうか。

紫外線から肌を守る

レディーと赤子

赤ちゃん用の日焼け止めの特徴は、肌に優しい成分を使っているということです。紫外線吸収剤や合成ポリマーなどの、肌への刺激になる成分が入っていない、天然由来成分でできた日焼け止めを選ぶように気を付けると、安心して使用できます。

もっと読む